<< 八重山商業高校、甲子園初勝利。 | main | 八重商、横浜高に敗れる。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
2006年、パリーグ順位予想。
今年も恒例の順位予想をしようと思います。
まずは去年の予想と結果を発表。
プレーオフは順位の対象にせず、136試合の結果を順位とします。

1位 ソフトバンク ソフトバンク ○
2位 西武     ロッテ    ×
3位 日本ハム   西武     ×
4位 ロッテ    オリックス  ×
5位 楽天     日本ハム   ×
6位 オリックス  楽天     ×

1位しか当たっていない(泣)。散々たる結果になってしまいました。
懲りずに今年も予想します。今年は結構、自信があります。

1位 ロッテ
2位 ソフトバンク
3位 西武
4位 日本ハム
5位 オリックス
6位 楽天

詳しい戦力分析は続きで、
1位はロッテ。李、小坂が抜けた。西岡、今江も実績は1年だけに等しい。しかし、投手力は万全だと思います。問題は投手陣のWBC疲れが心配。
野手、投手ともに選手層が厚いロッテなので、穴埋め出来ると思います。

2位はソフトバンク。捕手城島の穴は守備面、攻撃面ともにとても大きい。
元々投手力には問題は無いのだが、リードする城島がいないのは問題。
3割、30本の選手が、バティスタと2人いないのは大きなマイナス。

3位は西武。まだロッテ、ソフトバンクに対抗するには戦力不足
豊田、森の穴を埋める選手が必要だし、野手も若手が多く経験が少ない。
下位予想の3球団より、勝利の経験値がある西武を3位予想した。

4位は日本ハム。2年目ダルビッシュとルーキー八木に期待したい。
先日トレード獲得した岡島と投手陣が奮起しそうな勢いを感じる。
打線は小笠原が、新庄が霞むような活躍すればAクラスも夢じゃない。

5位はオリックス。清原、中村というビックネームを加えた強力打線。
しかしJPを放出し、セラフィニを獲得したが不安な投手陣に変わりない。
おいら的には一番、監督の手腕が試されるチームになると思います。

最下位は楽天。これは外しようがないと思います。
野村監督が就任しましたが、投手陣、打撃陣ともに戦力が無さ過ぎる。
林とフェルナンデスが加入したが去年の38勝を上回れば御の字でしょう。

何度も言うが、今年の予想はかなりの自信ありです。
しかし、WBCの出場選手の成績にどのような影響がでるか心配です。
WBCで世界一に輝いた日本プロ野球。より白熱したプロ野球に期待です!
カテゴリ:野球 | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 22:32 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tmas.jugem.cc/trackback/202
トラックバック