<< 日本ハム、新庄が引退を表明。 | main | W杯、日本代表23人が決定。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
清原、報復宣言。
清原に対して温かい目で見守ってきたおいらですが、この発言は頂けない。

清原和博:「そいつを倒したい」死球受け“報復”発言

20年間の現役生活において、196死球のプロ野球記録を更新中の清原。
確かに多くの死球により、試合欠場するという苦い経験を繰り返した。
しかし、今回の発言はどう考えても納得いくものではない。
いかなる理由にせよ、死球に対する報復行為は絶対に許される訳が無い。

先日、ズレータは金村に対する報復行為に対して重い処罰が決まった。
清原の発言が許されるなら、この処分も否定することになりかねない。
強打者のインコースを攻めるのは、投手としての生命線だと思う。
それを打者の立場からだけの意見で押さえ込もうというのは筋違いだ。

入団直後から活躍している清原は、死球避けの技術が低いとの意見もある。
世界のホームランキング、王貞治は現役21年で114死球。
清原より厳しいインコース攻めを受けたであろう王選手より80も多い。
報復行為で相手投手を威嚇するより、自らの技術向上に励んで欲しい。
カテゴリ:野球 | 00:12 | comments(1) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 00:12 | - | -
コメント
「直球で勝負せんかい」などと言ってたこともあったように覚えていますが、これも( ´,_ゝ`)プッってな発言ですよ。2000本安打・500本塁打を記録している打者の言うこととは…。正直、今回の件はガッカリですね。
| Tsunekichi | 2006/04/23 4:10 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tmas.jugem.cc/trackback/209
トラックバック
<清原和博>「そいつを倒したい」死球受け“報復”発言
 オリックスの清原和博内野手は21日、前夜の日本ハム戦で左手首に死球を受けたことに関連し、「今度そういうことがあれば、そいつを倒したい」と話した。「あと5年も10年も野球ができるわけじゃない。やられっ放しで2〜3カ月入院するくらいなら、こっちから行っ
| ブログLOVE | 2006/04/24 1:10 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/05 2:38 PM |