<< W杯予選、日本、クロアチアと引き分け。 | main | 日本代表監督、ジーコからオシムへ。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
日本代表、W杯予選突破ならず。
日本の予選突破をわずかな可能性を賭けて迎えた、対ブラジル戦。
試合結果は1−4という見事な完敗。予選突破の夢も見事に散った。

世界王者ブラジルと日本代表の実力の差に、得点差以上のものを感じた。
勝つことを宿命づけたブラジルと、まだまだサッカー発展国の日本。
戦う意識の雲泥の差。実力と意識の差を日本が兼ね備える日はいつなのか。

あえて今回の予選は振り返ろうとは思わない。
それよりも今後の日本代表の将来について考えた方が有意義だと思う。
「予選突破は確実」と過大な期待を掛けたマスコミの責任重大だ。
試合時間を日本に放送するのに適した時間帯に合わせる為の昼の2試合。
猛暑の中で奪われたスタミナと失われた集中力。敗戦の大きな要因だ。

もう一つの問題はマスコミのW杯への「認識の甘さ」
韓国は予選突破の可能性があるが、それまでは勝ち点1も取れなかった。
ポルトガルは今回の予選突破はなんと40年ぶり。
煽りに煽ったマスコミの失態は許すべきではないと思う。

今回の予選敗退は決して「よくやった」とは言えない試合内容である。
それに対してファンやマスコミの厳しい意見が今後の糧になると考える。
厳しい叱咤、激励こそ今後の日本代表を成長に繋がると信じたい。

ジーコジャパンの長かった4年間が、今日の試合で幕を閉じた。
後任監督が実しやかに噂されているが、誰になるかのかは分からない。
それよりも重要なことは、今後、日本サッカーが何を目指すのかが大事だ。

確かに日本代表は成長していると思うが、方向性には疑問が多い。
規律を重んじて地元開催でベスト16という好成績を残したトルシエ監督。
そこから180度転換ともいえる自由と創造性を活かすジーコへの移行。
次こそ日本はどういうサッカーを目指すのかを明確にすべきだと思う。
ジーコ路線か、トルシエ路線か、または別の路線が存在するのか。

何も問題はマスコミや監督だけではなく、一番の問題は選手自身にある。
ポジション別の選手に期待しているからこそ、ここであえて言いたい。
FWにはゴールを決めるための準備を怠らないで欲しい。
MFにはゴールのためにパスを回すという意識を高めて欲しい。
DFにはゴールを防ぐためにフィジカル以前に戦う姿勢を見せて欲しい。
GKにはゴールを防ぐために常に冷静な判断でベストを尽くして欲しい。
サッカーはゴールを奪い、防ぐスポーツである。
ゴールを許さなければ負けないが、奪わないと絶対に勝てないスポーツだ。
監督の考え方よりも、選手個々の気持ちの方が大切かも知れない。

おいらは日本代表が好きだし、これからも応援していきたいと思う。
マスコミ、監督、選手、そして日本代表をこよなく愛するサポーター。
その4つがスクラムを組むことが、将来の実力アップに繋がると信じたい。
おいら達の熱い思いを無駄にはしないでくれ!頑張れ、日本代表
カテゴリ:蹴球 | 00:30 | comments(0) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 00:30 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tmas.jugem.cc/trackback/216
トラックバック
ジーコのマネジメント ワールドカップドイツ大会にて
ジーコのマネジメントについては賛否両論出ていますが、皆さんはどう思われますか?私は・・・・・・・・・・・・
| 失敗しない中小企業の新規事業立ち上げ方法 | 2006/06/24 1:35 AM |
日本は惨敗…W杯ブラジル戦
現在のランキングを見る 日本 1-4 ブラジル やっぱり現実は厳しいものでしたね。 なんだかブラジルに遊ばれているような、 実力が歴然としているのを見せ付けられた気がします。 なかなかシュートが撃てない、パスばっかりですぐに ボールを奪われる、スタミ
| ニュース表裏一体 | 2006/06/24 2:40 AM |