<< 横浜、工藤に見る男気。 | main | 勝手ながら、星野JAPANを選出してみた。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
ディパーテッド
先日、映画を観に行きました。
香港映画「インファナル・アフェア」を巨匠マーティン・スコセッシがリメイク。
レオナルド・ディカプリオとマット・デイモンの出演でも話題の『ディパーテッド』

スコセッシ監督らしい、男臭さがスクリーンから匂ってくるような映画でした。
際立つのはやはり、ジャック・ニコルソンの怪演ぶり。
あまりの下ネタ満載ぶりに「R−15」にも思わず納得か?
ディカプリオも若手から脂ののったいい役者になってきたという印象です。

しかし、ストーリーには疑問に思うことも多かった。
特にラストシーンは雑すぎる!もう少し丁寧に説明する必要があると思います。
おいらはオリジナルを見ていないので、ストーリーを理解できないのだろうか?
続編も噂されるので、それを見ないと分からないのだろうか。かなり納得がいかない。

点数的にはおいらの好きなマーク・ウォールバーグ に免じて、10点満点の6点
彼もジャック・ニコルソンに負けずに、いい味を出しています。是非、ご覧あれ。
カテゴリ:映画 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(4)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 21:55 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tmas.jugem.cc/trackback/238
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/09 10:18 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/24 5:12 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/25 6:18 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/10 10:58 PM |